交通アクセス

藤田舞台について

江戸時代より明治初期までこの地、幅下に姫(比米)町舞台がありました。

いまは幅下という地名になりましたが昔は姫町、比米町と呼ばれていました。

藤田流初代清兵衛は寛永六年(1629)に現在の幅下二丁目のこの地に徳川家より屋敷を拝領しました。以来、明治維新、第二次対戦という大きな危機を乗り越えこの地を動くことなく守ってきました。しかし、舞台は明治初期に失ってしまいました。

平成17年2月、この地に四階建てのビルを建築。その三階に藤田家の舞台が再興されました。十一世藤田六郎兵衛宗家の稽古場として使用していますが他の藤田流職分の三名の稽古場としても使用しています。

鹿取 希世

大野 誠

竹市 学




  笛のお稽古はどういう方でも始められます。能を見たことのない方でも老若男女も問いません。見学も大丈夫です。先ずはお尋ね下さい。


  藤田六郎兵衛家元、三名の職分。藤田舞台(月二回、日時不定期です。お問い合わせ下さい。)

藤田舞台以外に  岡崎・新城・稲沢・犬山・津島・豊田・津・伊勢一色・東京・徳島・中日文化センター(名古屋)、朝日カルチャーセンター(名古屋)にも教室がございます。


  笛以外のお稽古(月一回、日時不定期。お問い合わせ下さい。)

観世流(謡・仕舞)  大槻文蔵師   片山九郎右衛門師   山本博通師

宝生流(謡・仕舞)  辰巳満次郎師

小鼓大倉流   十六世家元 大倉源次郎師

名称
藤田舞台 
住所
〒451-0041 名古屋市西区幅下2-10-9
地図
電話
052-571-6341
メール 
お問い合わせ専用メールフォーム







  (東京教室お稽古場地図) 

    東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅3番出口より徒歩3分








 




 

(C) 2012 藤田 六郎兵衛. All rights reserved.